Plans for other days

日々の記録   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TOP 10 SONGS OF 2010



 こんばんは。
 
 クリスマスも終わり、今年の終わりに向けて2010年の1年間を振り返っています。
 個人的に好例のランキングの時期になってきました。
 yumとは別に今年1年間のあらゆる音楽を聴いたまとめとして、記録として発表します。


 まず、今回は『TOP 10 SONGS OF 2010』として、
 良く聴いた楽曲であったり、優れているなと思った楽曲を10位からご紹介していきます。
 

 10位 Yeasayer “Ambling Alp”


 

"Ambling Alp" by Yeasayer from Secretly Jag on Vimeo.



 リリースは2009年ですが、ALが今年リリースだったんです。
 この楽曲はMVとともに、サイケに上手く突き抜けたポップさを混ぜ合わせた、極上SONGです。
 AL『Odd Blood』も必聴です。





 9位 Nabowa “キッチンへようこそ feat.ACO”


 

 今年はホントよくnabowaを聴きました。
 リリースされたALは本当に素晴らしく、常に自分の身近にある作品なりました。
 そのALから、ACOがfeatされたこの曲が特にお気に入り。




 8位 Hot Chip “I Feel Better”


 

 
 本当にこの楽曲は良く聴きました。
 今年発売されたAL『One Life Stand』も原点回帰した傑作でした。
 まさに初期のエレクトロディスコそのもの。
 B級映画の様なMVも面白いのですが、ドラマティックなシンセと怪しくも気になるvoの組み合わせ。
 Hot Chipのすべてがつまっているような1曲。




 7位 Jamaica “I Think I like U 2”


 

JAMAICA - I Think I Like U 2 VIDEO from bermudapants on Vimeo.


 

 正直この曲のせいでALを期待し過ぎて、肩すかしみたいになりましたが...w
 元poney poneyが改名してリリースしたこの曲は、新鮮さを感じました。
 アコギをかきならしながら、インディーロックのようなんだけど、
 ダンスミュージックにカテゴライズされてしまうくらい踊れてしまう。
 うん、今久しぶりに聴いてみたんだけど、やはり踊れるww




 6位 The Hundred In The Hands “Tom Tom”


 


 今年もブルックリン旋風は吹き荒れましたが、彼らはかなり独特な立ち位置ですね。
 無骨でシンプルなメロディラインに、かわいらしいvoというシンプルな組み合わせなのだが、
 なんとも引き寄せられるんです。
 そろそろ発表するyumの今年の人気投票でも上位になるであろう、気鋭のアーティストです。



 6位 Breakbot “Baby I’m Yours (feat. Irfane)”


 
Breakbot - Baby I'm Yours (feat. Irfane)
edbangerrecords. -


 以前から大好きなBreakbotですが、今年発表したこの楽曲はツボでした。
 素晴らしいMVもあらゆるサイトで注目集めていましたが、
 楽曲もダンスホールで流れているような懐かしさと、程よいエレクトロっぽさを残したチルアウト感。
 大人仕様な1曲ですね。




 5位 Toro Y Moi “Talamak”


 


 彼に関しては今年リリースしたAL『Causers Of This』が完璧すぎる内容だったので、全曲いいのですが、
 この楽曲は南キャロライナの空気をいっぱい吸い込んだ、浮遊感たっぷりの楽曲は、
 やみつきになる中毒性を持っています。
 ファンクっぽさも垣間見える、極上チルアウトソングスのうちの1曲。 
 来年2月新作AL発表予定とのこと!!




 4位 Toro Y Moi “Low Shoulder”


 

Toro Y Moi - Low Shoulder from Chris Murdoch on Vimeo.



 同じくToroさんです。





 3位 Lo-Fi-Fnk “Marchin' In”


 

Lo-Fi-Fnk Marchin In from Mattias Erik Johansson on Vimeo.




 彼らが久しぶりにリリースした新曲の出来が素晴らしかった。
 インディディスコの元祖らしい、爽やかでトロピカルな極上ポップソングに仕上がっています。
 AL早く出して欲しいです。





 2位 windmill “Ellen Save Our Energy” 


  


 ドラマティックな構成と、作り込まれている音の1つ1つが、瑞々しく輝いている。
 jonsiの新作などにも通じるところあるが、どこか閉鎖的な雰囲気も感じる作品。
 yumの原さんがつぶやいてから30分でyumメンバー3人が即購入した、天才です。
 今年の作品ではないですが、コレに関しては例外。




 1位 Gold Panda “Snow&Taxis”


 


 去年から推しまくっている彼Gold Pandaのこれが1位です。  
 正直BEST5はどれも甲乙つくれないのですが、新鮮さでこれを選びました。
 とびはねるようにカット&チョップされた音と音が連なり、一連のグルーヴィンなサウンドを作り出す。
 タイコクラブでも実際に聴いたら、びっくりするくらいシンプルな機材でパフォーマンスしていました。
 彼の独特の音の配列やスピード感は、今年1年通して常にわくわくさせてくれました。
 

 
 こんなランキングになりました。
 どうでしょう、知っている方も知らない方も一度聴いて頂きたい楽曲ばかりです。
 おヒマな方聴いてみてはいかがでしょうか?


 次回は『TOP 10 ALBUM OF 2010』の発表です。




スポンサーサイト
  1. 2010/12/27(月) 00:41:55|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。