Plans for other days

日々の記録   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

編集するということ


 
  気がついたら『編集』というキーワードを良く目にする。 
  その影響ではないが、数年前から何かを編集するということが好きなんだよね。
  昔は編集というと、雑誌の編集長みたいな仕事しか思い当たらなかった。
  何をどう取材して、どう載せるのかを考える仕事なんだろうなって、ぼんやり思ってたぐらい。 
  
  大人になって、自分の好みにある程度共通点があることが分かった時のこと。
  この人の音楽好きだな、こういうファッションも好きだな、こんな雑貨好きだったとか...
  様々なカテゴリーの中で好きなのを挙げていくと、物は違えど自分の中ではどこか共通項がある。
  その時、自分で1回編集したものを、誰かに見て欲しい、聴いて欲しいという思いが生まれてきた。
  
  その思いが年々増していることから、最近いろいろ自分で動いて見ている。
  それはcontributerで参加しているyour unknown musicの日々の更新や、
  yumのメンバーがそれぞれ自分主導で行う課外活動のような新しい試み、
  そろそろ方向性が定まってきた、新たなprojectなど。
  動き出すと、絶対『編集』という作業が必要になってくる。
  というより、『編集』メインである。
  
  ちょっと話はずれてしまうかもしれないが、
  僕は、人それぞれがもっているセンスや感性というものの大半は、
  両親や家庭環境の影響が大で、
  例えば小さい頃にどこに連れて行ってもらったとか、何を着ていたか、何を聴いていたかが、
  とても重要ではないかと考えている。
  幼い自分にとって、最初は興味がなかったことも、小さい時の刷り込みや影響は、
  大人になって、必ず何かプラスになっていると思う。
  僕は1番影響を受けた人は誰かと聴かれれば、迷わず両親と即答できる程だ。


  『編集』するということは、過去の自分の経験や知らない間に身になっていることが、形となって現れる。
  今もある『編集』作業をしながら、ふいにこんなことを書いてみたくなった。
  自分は、かなり『編集』するということが好きなのかもしれないな。
  

  だいぶ前だけどスバルに借りたこの本はかなり読みまくったな。

  記憶に残るブック&マガジン -時代を編集する9人のインタビュー集
 
  51xE0TtbcLL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


  
  
  
スポンサーサイト
  1. 2010/08/30(月) 01:03:17|
  2. 日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベーシックに回帰 | ホーム | 夏の出会い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jii1231.blog52.fc2.com/tb.php/146-85226024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。